Wantedly(ウォンテッドリー)を転職活動で使ってみた!使い勝手は良い?

Wantedly(ウォンテッドリー) 転職
スポンサーリンク

転職・採用・インターンといった場面で求職者と採用者を繋ぐ、Wantedly(ウォンテッドリー)と言うサービスをご存知ですか?

WantedlyはSNSのような使い方が出来て、求職者だと無料で登録してプロフィール欄を充実させることで、転職活動が出来たり採用担当者とやりとりが出来るサービスです。

一方、採用担当者は初月無料で、二ヶ月目以降からは有料で使用し、求職者を探して直接アポイントメントをとることが出来ます。

今回、私はこのWantedlyを使って転職活動をしてみたので、使用した感想を紹介していきたいと思います。

>>Wantedlyはこちら

スポンサーリンク

Wantedly(ウォンテッドリー)を使ってみました!リアルな感想を紹介

今回私は、転職するためにWantedlyを使用して転職活動をしてみたので、使用感を紹介していきたいと思います。

登録は簡単!求職者は無料で利用できるのが良い!

求職者側はWantedlyへの登録が無料です!

まあ当然といえば当然なのですが、無料で利用できる点はグッドですね。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • パスワード

上記を入力して簡単に登録することが出来ます。

ただし、採用側は有料での登録となるため、注意しましょう。

プロフィールを作り込んで希望条件の企業さんをチェック

早速、登録したらプロフィールの作り込みです!

プロフィールが履歴書の変わりを果たしてくれるので、つくり込むことで採用担当者と話せる機会が増えたり、逆にスカウトしてもらえるなどが期待出来ます。

ちなみに設定できるプロフィール内容としては

  • 写真
  • ヘッダー写真
  • 紹介文
  • この先やってみたいこと
  • 職歴
  • 社内外・在学中のプロジェクト
  • スキル・特徴
  • 学歴
  • 研究室・ゼミ
  • 部活・サークル・ボランティア
  • 言語
  • 資格
  • 受賞歴
  • 執筆歴
  • ポートフォリオ・作品
  • 関連リンク
  • 関心トピック
  • 基本情報
  • 添付ファイル

と、まあかなり詳細なプロフィールを作り混むことが出来ます。

全部記入しろ!とは言いませんが、最低限、上のリストで黄色マークしたところは記入するようにしておきましょう。

企業の採用担当者さんとチャット形式でお話ができる!

ここからは使用感をお話していきます!

Wantedlyの良いところは何と言っても、採用担当者さんとSNSのようにマッチングしてチャット形式でお話できるというところです。

事前にどういうところなのか質問したり、どういった人材を欲しがっているのか、そして自分をどのようにアプローチしていくなどがしやすい環境でした!

何より、採用担当者の方と壁を感じることなく会話ができるのはグッドです。

まずは軽く面談をしてお互いがマッチしているか確かめられる

チャットにてマッチングした後は、簡単な面談をすることになります。

いきなり面接となるケースもあるようですが、私の場合はほとんど簡単な面談が最初に行われました。

そこから、お互い「良いなあ」と思ったら本面接に移るという感じですね。

面接する前にマッチングできるのは、求職者としても採用担当者としてもメリットが大きいのではないかと感じています。

使用感を踏まえてWantedly(ウォンテッドリー)はこんな人におすすめ!

さて、一通り使用してみたWantedlyですが、どんな人が使うのに適しているのかご紹介していきます。

ベンチャー企業へ就職したい人!

Wantedlyに登録している企業のほとんどはベンチャー企業がメインです。

そのため、ベンチャー企業への転職を考えているという人は、ぜひWantedlyに登録してみましょう!

転職エージェントやハローワークなどで見ることがなかったベンチャー企業の求人をたくさんチェックすることが出来ます。

企業の方とコミュニケーションを取りながら転職したい人

いきなり面接ではなく、まずは軽く採用担当者の方はコミュニケーションを取りながら職場を決めたいという人は、ぜひWantedlyを利用してみてください。

先ほどもお話したように、SNSのような感覚で採用担当者の方と繋がることが出来るので、自己アピールがしやすく、社風などを伺いながらマッチングすることが出来ます。

それに事前に会社の方と仲良くなれるという点も、Wantedlyの良いところでしょう。

ぜひ、コミュニケーションを第一に転職活動を考えている人は、Wantedlyを試してみてくださいね。

自分のスキルが活かせる職場を探したい人

ハローワークの求人や転職エージェント経由のマッチングって、いまいち本当に自分のスキルが活かせるのか分からないケースが多いです。

ところが、Wantedlyであれば、採用担当者と求職者が直接繋がることが出来る上に充実したプロフィールを伝えることが出来ます。

そのため、両者のミスマッチを幾らかでも少なくし、自分の力を活かせそう・活かせる職場とのマッチ度を高めることが出来るんです。

「スキルのマッチングミスで働いてから後悔したくない…」という人にこそ使って欲しいサービスでしょう。

「履歴書から面接までサポートしてほしい!」「正社員を目指したい!」という人には下記サービスがおすすめ!

キャリアスタート

最後に

Wantedlyは気軽に登録出来る上に、日本中のあらゆるベンチャー企業を見ることが出来ます。

またWantedlyからは定期的にお知らせも届き、あなたとマッチ度の高い求人だったり、採用担当者が集うマッチングイベントなどの情報も貰うことが出来ます。

これから積極的に転職活動を始めたいという人は、ぜひ一度Wantedlyを利用してみてください。

 

コメント