日本三名園の1つ【兼六園】の感想!金沢行くなら外せない絶景の庭園!

兼六園 日本三名園 旅行・グルメ
スポンサーリンク

あなたは石川県金沢市の中央に「これこそ日本の大庭園だ!!」と言わんばかりに、気高く広がる素敵なお庭”兼六園”をご存知ですか?

実はこの兼六園は日本三名園の1つで、雪月花のに選ばれているお庭なんです!

豆知識:ちなみに月は後楽園、花は偕楽園。

さてさて、そんな日本三名園の兼六園ですが、今回実際に足を運んで見たので、その時に撮影した写真を込めて感想をご紹介したいと思います。

ぜひ庭園が好きな人や、緑生い茂る写真で癒されたいという方は、一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

兼六園って何?何処にあるの?入場料など特徴を紹介

兼六園 入り口

上は何箇所かある入り口の内の1つ。

由緒正しい感じの門構えで、ドキドキワクワクが止まりません(笑)

私が訪れたのは12月頃だったので、木には雪避けのための雪吊りが施されていました。

この雪吊りをしている風景もまた素敵ですよね!

白い雪が積もって、緑・茶色に白が加わる光景も素敵なんだろうなあ〜。

ちなみに雪吊り作業は11月〜12月に行われているようで、この期間に訪れると雪吊りをどのようにやっているのか見られるそうです。

さて、前置きが長くなってしまいましたね!

ここではまず、所在地アクセス入園料などの基本情報について紹介していきます。

兼六園って何処にあるの?アクセスや所在地情報

まずは気になる所在地やアクセスについて見ていきましょう!

住所はこちら↓

〒920-0936 石川県金沢市兼六町1

ちなみに 兼六園までは金沢駅からバスが出ているので、わざわざ歩いていく必要はありません。

でも、兼六園まで歩いていくのも楽しいかも!

私は断然徒歩派です(笑)

入園料や入園できる時間は?いつ行けばいい?

兼六園の入園料や入園時間については下記表にまとめて見たので、ご覧ください!

開園日 年中無休
開園時間 3月1日〜10月15日
→7時〜18時
10月16日〜2月末日
→8時〜17時
入園料 個人
→大人(18歳以上)310円
→小人(6歳〜18歳未満)100円
団体
→大人(18歳以上)250円
→小人(6歳〜18歳未満)80円

入園料は310円とリーズナブル!

ただ、入園時間が18時までと早めに閉まるので、観光で行く際には時間に注意してください。

日本三名園と呼ばれる兼六園の基本知識

兼六園

さて、そんな兼六園ですが、一体どんな所なのか簡単にご紹介させてください!

冒頭でもお話したように、兼六園は日本三名園の1つで雪月花の雪に該当している文化財指定庭園です。

加賀の歴代藩主によって築きあげられた庭園で、江戸時代に長い年月をかけて造られた廻遊式の庭園となっています。

廻遊式とは…庭園の中に池・築山・御亭・茶屋などを点在させて、それらに立ち寄り廻りながら楽しむ、遊覧を可能としている庭園のこと。書院や御殿から見て楽しむ座間式とは違い、実際に庭園の中を歩いて楽しむことを目的としています。

大海に見立てて造られた池はもちろんですが、威厳として勇ましく空へ向かって生えている大木を見ていると、自然と自信が満ち溢れてきます。

当時の人は一体どんな気持ちで、この庭園を楽しんでいたのでしょうか?

想像すると、ワクワクが止まりません!

その他は兼六園公式ホームページをチェック

いざ兼六園を散策!どんな所だったか写真付きでお届け!

兼六園

それじゃあ基本情報をおさらいした所で、素敵な兼六園の園内を写真付きで紹介していきましょう!

小さな滝や池があって癒し効果抜群

兼六園

水と自然って素敵ですね。

要所要所に小さな滝があり、水面に映る表の世界と裏の世界が一体となっている、そんな幻想的な光景を目にすることが出来ます。

また、岩の上を歩いて池を横断してみたり、橋を渡って見たりと細かい仕掛けが”散策”というアトラクションに変化球をかけ、どこを歩いても楽しいと感じることができるんです!

金沢で生活していたら、一年に何回も来ちゃうなあ〜。

ど迫力な大庭園!見るとこ全てに感嘆の嵐

これは兼六園の中央くらいに位置している、超大きな池。

霞ヶ池と呼ばれているそうで、周辺には栄螺山、内橋亭、徽軫灯籠、虹橋、唐崎松、蓬莱島と言った名勝が配置されています。

鴨さんが浮いていて可愛かった(笑)

そして、ちょっと高い所からもこの池をみることが出来て、

兼六園

確か栄螺山から見た景色だったかな…、間違っていたらすみません。

こんな感じで、霞ヶ池の全体を眺めることが出来ます!

もうここに関しては凄すぎて言葉が出てきません(笑)

実際に目で見て、身体で体感するのが一番です。

高台は眺めが最高!金沢市を一望できる!

兼六園 高台

これは眺望台から見た景色だったかな〜。

金沢市を一望できる絶景ポイント!

正面に見える山々は正面が卯辰山、そして白山、戸室山、医王山なども一望できるようです。

天気がよければ、もっと美しい光景が広がっているはず!

いずれは春・夏・秋・冬、全部の兼六園をこの目で見てみたいなあ〜。

最後に

兼六園を見たら他の庭園も気になっちゃった(笑)

私はまだ後楽園・偕楽園を見たことはありませんが、兼六園は本当に美しいお庭でした。

きっと今頃(この記事を書いているのは4月7日です。)は、お花見シーズンで桜も綺麗なんだろうなあ…と、実際に足を運んで見れない事に悔しさを感じています(笑)

来年こそは、春の兼六園をみるぞ〜!

ということで、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

コメント