経営者に物申す!金で雇っているからといい気になるな!

悩み・不安

別に怒ってないです(笑)

たまには怒りをブログに綴ってもいいですよね。

ということで、私は「金で雇ってるからなんでもしろ」と言う経営者に物申したいと思います。

労働者の怒りとして、代弁させてください(迫真)

スポンサーリンク

個人的に最悪な経営者3パターン

完全に私の偏見で執筆していきます。

個人的に最悪だと思う経営者パターンを3つ見ていきしょう!

ワンマン!俺の言うことを聞け系

「俺の言うことが絶対だ!歯向かうんじゃない」

とか言う経営者は最悪でしょう。

いや凄い人だってのは十分わかってますけど、従業員の意見に少しでも寄り添う気持ちはないんでしょうか?

従業員の言葉に対して一切聞く耳を持たないのは論外です。

「忙しいから」

こんな言葉で片付けていいのかな…。

あなたの会社でしょう?

金で雇ってんだからとにかく働け!系

「こっちは金出してんだから働け」

という経営者も個人的に最悪です。

いえ、このタイプは金を与えている間はおそらくいいのですが、何かの拍子で与えれることができなくなった時、従業員からの信頼は崩れます。

労働の対価をお金だけで還元しようとするのは難しい。

業務の大変さを忘れてしまった系

個人的に一番最悪なのはこのタイプですね。

業務の辛さを忘れてしまった経営者です。

昔は本人も汗水流してやっていたはず…。

従業員にその業務を任せ、そして業務の辛さを忘れかけてしまうと、そりゃ労働者側の気持ちなんて分かりゃしません。

「そんなの考えてられねえよ!こっちは会社の発展で忙しいだ」

会社を発展させたり壊すのは利益じゃない。

従業員の関係や職場の環境ですよ。

まあ、大企業なら別かもしれませんがね!

金で作った信用は脆い!!

金で作られる信用って、本当に脆いです。

だって、経営者には興味ないんですから…。

不満になったら辞めていきますよ。

労働対価が割に合わなくなった時の脱落感

お金だけで信頼を気づいていると、労働量とそれに対する対価が合わなくなった時に一気に信頼感を崩します。

だって、会社で働く意義がお金だけになってしまっているんだから…。

職場環境を整えることにもきちんと配慮している。

そいて従業員と積極的にコミュニケーションをとること。

これは、どこの会社でも、忙しくても大切なことだと思うなあ。

私は甘い人間かもしれないですね。

なんでこの人のために働いているんだろう?

ふと我に帰った時に、「なんでこの人の元で働いているんだっけ?」となることがあります。

別に、この会社で働く必要は一切ないのです(笑)

そんな時にお金意外のメリットが会社にあったら、「まだまだ頑張ろう」と思えるかもしれませんね。

最後に

初心を忘れるべからず。

別に私は偉くもないし、経営なんてしたこともないので、簡単に物申すことはできません。

ただ、せめて従業員を金で働くただの駒だと思わないで欲しいです。

もちろん従業員が絶対だということはありません。

でも、従業員は、あなたと同じように心を持った一人の人間です。

それを忘れないでください。

コメント