ライターになりたいと思ったら読んで欲しい話

副業・ビジネス
スポンサーリンク

「ライターになりたい!」

学生の頃、私は一度だけライターになりたいと思ったことがあります。

もともと私にとって国語は苦手な分野だったのですが、言葉一つで”人間の行動を変えることが出来る”という事実を知った時から、興味の対象となりました。

それからというもの、街にあふれる言葉、本を通して知る言葉、WEBで繰り広げられる言葉の交差点。

どれも面白くて仕方なかったんです!

それから数年後、私は晴れてライターデビューを果たした訳ですが….

そんな私の経験を踏まえて、あなたが「ライターになりたい」と思った時に私が提案したいことをいくつか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

一度ライターになりたいと決めたらならやって欲しいこと

別に私はすごいライターでも何でもないのですが….。ライターを目指す人にちょっとでも

何かを伝えたいので、やって欲しい試してみて欲しいことを提案していきます。

とにかくたくさんの文字・言葉に触れろ!

やっぱり一番はこれですね。

ライターになりたいなら、とにかくたくさんの文字・文章に触れてください。

本でもWEBページでも何でもいいです!

自分の語彙力を鍛えるためにも、アイデアの幅を広げるためにもとにかく文字・文章に触れてください。

毎月1冊ずつでもいいです。月はじめに1冊完読したいものを決めて毎日隙間時間を使ってゆっくり読む。

こういう習慣の積み重ねがライターとしての実力をアップさせてくれます。

まあ、私自身、別にライティング力が高い訳でもないので信憑性ないかも知れませんがね(笑)

でも、あの時にたくさんの文章に触れていて良かったなと、心の底から思います。

とにかくたくさんのことを書け!

たくさんの文字・文章に触れたなら、それをアウトプットしていきましょう!

とにかく書いて誰かに読んでもらうことです。

  • 文章が下手だから恥ずかしい…
  • 何を書けばいいかわからない…

こんなこときにする必要もありません。

恥ずかしがって自分の中だけで完結する文章を書いていては、いつまでも成長はしません。

ライティングは誰かを刺激してなんぼです!

そして、書く内容が思いつかない人は、今日1日の出来事や食べたもののレビューなど、何でも文章にしてみてください。

(今日1日あったことを文字で伝えることって意外と大変な事ですけどね)

何でも思った事・感じた事をくだらないなんて思わないでとにかく書いてみましょう。

私がライターになって思ったいくつかの障壁

当然ライターになってから何度も挫折した事があります。

自分の体験談を元にライターになって遭遇した障壁のいくつかを紹介しましょう。

言葉が出てこなくなったらどうしようと怯えた日々

文章を書く事が仕事ですからね。

もし明日、何も言葉が出なくなったらどうしようとか、アイデアが思い浮かばなくなったらどうしよう、なんて不安を感じる事がありました。

今ではもう無いですが(笑)

慣れるまではアイデア探しに必死になってしまい、常に寝る前に明日はどういう記事にしようなんて思っていました。

もしこんな感じで不安になるのであれば、慣れるまでの辛抱だと思いますね….。

慣れると、毎日書きたい事だらけで悩む事は段々無くなります。

(あくまでも、私の場合の話です。)

この記事は何の意味があるのだろうと自己嫌悪に浸る

「意識たけえ(笑)」と思う人もいるかもしれませんね(笑)

たくさんの記事を書くに連れて、今書いているこの記事は誰かのためになっているのかなあとか、何かに役立っているのかなあ、なんて思う事もありました。

でも、よく考えてみてください。

書いた記事全てが誰かのためになっていたら、その人は恐ろしいほどの天才かなんかですよ(笑)

誰かがふとみてくれて、そして、何かを感じたのであればそれだけで十分。

別に書いている記事に対して、価値をつける必要なんて無いんです。

まあ商品販促などを行うのであれば、お金というものが付いて回るでしょうけどね(苦笑)

怯えず、何でも書いてみましょう!

何はともあれ書く事って楽しい!ライターになってみよう

とりあえず一度ライターになってみたいと思ったならライター活動をしてみましょう!

障壁なんて書きましたが、私にとってライター業は天職です。

ここでは、ライターをやってどんな事を楽しいと思えたのか紹介していきますね。

記事に対してコメントをもらった時

やっぱり記事に対してコメントを貰えると嬉しいです!

そのコメントが例え怒りのコメントだったとしても。

誰かの感情を文字というツールを使って少しでも動かした。

これって、めちゃくちゃすごい事じゃ無いかなあって私は思います。

もちろん感謝のコメントを貰った時の方が嬉しいですけどね(笑)

自分の文章で素敵な商品の販促ができた時

お気に入りの商品、おすすめしたい商品の販促ができた時も嬉しかったですね。

「私の記事から買ってくれる人が出た!誰かの心を揺さぶる事ができたのかな!」

ってね。

だから商品を紹介する時は、自身を持って紹介できるものをチョイスしていきたいなあって思います。

まあ業界的に、それだけじゃ駄目何でしょうけど…(苦笑)

最後に

最後まで記事を読んでくださってありがとうござます。

たまに、私の文章を読んでくれた人に対して

「人生の時間を消費して私のコンテンツを見てくれた」

と思う事があるんです。

だって、時間って貴重じゃないですか。

そんな貴重な時間を少しでも私に使ってくれたと思うとすごく嬉しくて、励まされます!

引き続き、こちらのブログでも私の思い・提案を発信してくので、機会があったらご覧ください!

コメント